魚釣り

【極意】キスをちょい投げで簡単に釣る方法!初心者でも冬でも釣果UP!

・ちょい投げでもキスをたくさん釣りたい!

・冬でもショア(陸)からキスを釣りたい!

・キス釣りにオススメの仕掛けサイズはなに?

・エギングロッドやシーバスロッドをキス釣りに使いたい!

・とにかくたくさんキスを食べたい!!

この記事では、いつでもちょい投げで比較的簡単にキスを釣る方法を、道具の解説から釣り方まで、徹底解説します!

キスといえば天ぷら!いつ食べてもおいしいですよねぇ。

個人的には、刺身と骨せんべいもおすすめです!

そんなキスが一年中、しかもちょい投げで釣れるとしたら、魅力的じゃありませんか?

エギング・シーバス・ショアジギロッドの流用も可能です!

ロッドで悩んでいる方はコチラの記事たちもおすすめ↓

【万能竿】いろいろな釣りがしたい人が買うべき竿3選!初心者にもオススメの万能ロッド!

【釣果UP】キス釣りのちょい投げはショアジギロッドが最強!

針サイズは何号を使っていますか? 

⇒ 6号を絶対的にオススメします。

「力糸」ってご存じですか? 

⇒ ちょい投げであっても「力糸」の使用はかかせません。

ちょい投げキス釣りの釣果アップには、場所仕掛けが、かなり重要になってきます!

初心者の方も、経験者の方も、この記事を読めば、釣果アップはもちろん、一年中キス釣りにキス料理を堪能できます!

最盛期にキスの釣れている場所をみつけておく!

キスは一年中釣れますが、やはり春から夏にかけては水温が高くなり、集団で接岸してきます。そのため、比較的釣りやすい時期となります。

その時期に、しっかりとキスがいる場所を確認しておきましょう。

そして、その周囲で、潮通しがほどよく、ちょい投げでも届きそうなポイントに目星をつけておきます。

日当たりがよい浅場は、海水温もあがりやすくねらい目です。

潮通しがいい場所とは、流れがあり、水が入れ替わっている(ウキが流れていくような)場所のこと!

キスは水温が下がると深場へ移動し、ボートキス(いわゆる船釣り)でないとなかなか釣れないと言われています。

しかし、意外にもキスは川の下流や、潮通しの比較的良好な浅場で冬を過ごすものも多くいます。

水温が低い時期には、そういったキスのいるポイントを見定めることにより、一年中釣ることができるのです!

冬の釣行は日中(デイ)!夏はマズメ!

近くの深場や、潮通しのよい浅場で越冬しているキスたちですが、やはり水温が低いと活性も落ちてきます。

春や夏の釣行は、朝マズメや夕マズメといった時間帯がオススメです。夏は夜釣りでもけっこう釣れます。しかも大型が。

しかし、秋~冬にかけて釣行は、気温のあがる日中をオススメします。

冬のマズメ時はアタリもまったくない日も多いです。

また、キスは群れをなしていることも多いため、一匹釣れたらその周辺をじっくりと攻めていきましょう。

真冬のキス釣りはコチラの記事も参考にしてみてください⇒【ちょい投げ】冬のキスを釣るために必要なこと~越冬キスに粘り勝とう~

魚が釣れる時間帯についてはコチラ⇒【知らなきゃ損】魚が釣れる時間帯っていつ!?超簡単に釣果アップ!

PEラインの巻いてあるリールを用意する!

キス釣りの釣果を伸ばすポイントは、ズバリ遠投です。

ちょい投げであっても、やはり最大限遠くまで探ったほうが、釣果はあがります。

そのためには、ナイロン製やカーボン製の糸(透明な糸)ではなく、PEラインといった布を編み込んだような糸を使うことをお勧めします。

他の糸と比べ、飛距離がでやすいことが、一番の理由です

こちらがPEラインになります。

PEラインは消耗品のため、キス釣りに関しては、有名ブランドでなくても問題ないです!

エギングやシーバス、ショアジギングのタックルの流用を考えている方は、すでにPEラインが巻かれていると思います。

0.8号や1号のPEラインを3000番前後のスピニングリールで使用するのが、キス釣りのちょい投げに適しています。

リールはやはり、DAIWAやSHIMANOといった有名ブランドが、トラブルが少ないです。

こちらがDAIWAのスピニングリールです。

PEラインは、引っ張られる力には強いですが、岩などに擦れるとすぐ切れてしまいます。

しかし、細ければ細いほど飛距離がでるので、瀬(水中の岩場などの障害物)のない場所では、0.6号を使用してみるのもいいかもしれません。

万能リールについてはコチラ⇒【万能リール】アオリスタBB C3000HGが優秀な7つの理由

力糸(ちからいと)を巻いておく!

「力糸(ちからいと)」

聞きなれない方も多いと思います。

遠くに仕掛けを投げる時、衝撃で道糸(リールに巻いてある糸)が切れないように、細い糸から徐々に太くなっていく糸を、道糸と仕掛けとの間につなげます。

その徐々に太さがかわっていく糸こそが、「力糸」です。

前述した細いPEラインを、切れないようにヨワヨワと投げていたのでは、仕掛けを遠くまで飛ばすことができません。

しかし、この力糸を間につなぐことにより、投げた時に最初に飛び出す糸の部分はとても太く、頑丈になっているため、安心して、ちからいっぱい投げること(フルキャスト)ができます。

私が使用している力糸はこちらです。

力糸にも、ナイロン製や、PEラインがありますが、PEラインの方を使ってください。

ルアー釣りでPEラインが切れないように、先端につかうリーダー(擦れに強い糸)は、使う必要はありません。

力糸にそのまま仕掛けを結び付けましょう。

リールを横から見て、スプール(糸が巻いてある部分)から糸が飛び出していると、絡まったりするトラブルの原因となりやすい!

スプールから飛び出す場合には、すこし道糸を短くしておこう!

ちょい投げキス釣りの仕掛けはショート!針は6号!

仕掛けは、市販のオモリ(最近ではダイソーさんでも売っている)と、市販のキス釣り仕掛けを使いましょう。

オモリの重さは、お使いになるロッド(竿)でフルキャストできる、最大のものを選びましょう!ロッドに記載されているとは思いますが、わからない場合は釣具屋さんに聞いておきましょう。

私はエギングロッドで10~12号、ショアジギロッドでオモリ18~23号のオモリ(主にL字天秤)を使っています。

重いオモリを投げる際は、周囲に人がいないか、十分に注意してください。

おすすめの仕掛けは、ちょい投げ用に販売されている、ショートタイプです。

2本針の仕掛けで、扱いやすく、トラブルの軽減にもなります。

針のサイズは6号にしましょう!

キスは口が小さく、冬ともなると、そのおちょぼ口で、エサをちょっとつまむだけ、なんてこともあるので、針を小さくして釣果アップを狙いましょう。

また、メーカーによっては同じ号数でも、針の大きさが全く違うことがあるので、注意しましょう。できるだけ小さいほうがいいです。

エサはイシゴカイ!垂らしは5ミリ!

キス釣りのエサは、定番のイシゴカイ一択です!地方によっては砂イソメやジャリメなんて呼ばれ方もしています。

最近ではワームのようなエサも販売していますが、やはり生エサには勝てません。

また、アオイソメでは大きすぎ、オキアミではすぐにとれてしまいます。

針にはイシゴカイの口から通し、返しのある針先を外に出します。

針から垂れたイシゴカイは、垂れている部分が5mm~1cm程度で切った方がよいです。

長ーいゴカイのほうがアピールにはなりますが、キスはお口がおちょぼなので、長すぎるとエサだけちぎられる場面が多くなってしまいます。

5mm程度では短いように感じると思いますが、だまされたと思って実行してみてください!

5mmで十分釣れます!!

また、イシゴカイはぬめり気があるので、すべりどめの粉などを使うと、エサをつけるスピードがあがり、釣果アップにつながります。

私はコレらを使っています↓

上記画像のように直接に粉をかけては、イシゴカイが弱ってしまうのでオススメできません。

小さい入れ物に粉を入れ、イシゴカイを使う分だけまぶして使います。

イシゴカイ一択!とは言ったものの、「どうしても気持ち悪くて触れない!」といった人もいるのではないでしょうか。

そんな人にはこちらをオススメします↓ イシゴカイには負けますが、釣れます。

フィンガープロテクターで指を保護して大遠投!

重いオモリをPEラインでキャストする際は、人差し指に負荷がかかり、怪我のおそれがあります。

フィンガープロテクターを使用すると気にせずフルキャストできるようになります。

必ず装着しましょう!

ゆっくりさびき、かけあがりは止める!

「さびく」とは、小鯵などを釣るあの「サビキ」とは違います。

仕掛けを投げて、ゆっくり、ずるずる、底を引きずって巻いてくることを「さびく」と言います。

最盛期では、人が歩くスピード程度(一秒間にリールを一回転くらい)でいいですが、水温が低い場面では、ものすごーくゆっくりさびきましょう。

さびいている途中、何かにひっかかって止まった時は、そこはかけあがり(水深が急に浅くなっている場所)かもしれません。

その場合は、ストップしましょう。かけあがりには、キスがエサを求めて潜んでいる可能性があるからです。

また、キャスト(投げる)場所は、潮目(海の色がそこで変わっている場所)もねらい目かもしれません。

合わせは向こう合わせ!

キスが仕掛けのエサを食べにきたときは、とても小気味のよい、竿を何度も叩かれるようなあたりです。

そこで、おもいっきり合わせ(竿を持ち上げ)てしまいそうですが、我慢です‼

あたりがあっても、そのまま糸を巻き続け、キスの方からしっかりと針にかかってくるようなイメージで釣りあげましょう。

キスの重みを感じたら、せっかくのキスが逃げないように、そのままテンションをかけた(糸が張った状態)まま、釣りあげるまで巻き続けてください!

まとめ

キスのいる場所を探しておき、できるだけ遠くに仕掛けを投げ入れ、小さい針に短いエサをつけて、できるだけ、ゆーっくり巻いてくる。

自然相手であるため、絶対に釣れる!とまでは言えませんが、この極意を使うことにより、キスを釣れる確率はかなり上がります!

ぜひ、おすすめの

「キスの刺身」

「骨せんべい」

をご自分の釣ったキスでご賞味あれ(^^)/

真冬のキス釣りはコチラ⇒【ちょい投げ】冬のキスを釣るために必要なこと~越冬キスに粘り勝とう~

キス釣りちょい投げロッド記事はコチラ⇒【釣果UP】キス釣りのちょい投げはショアジギロッドが最強!

キンギョを釣ったことがある人にはこちらの記事もオススメ⇒【骨までサクサク】ネンブツダイやクロホシイシモチを美味しく食べる魔法の味付け!