魚釣り PR

【釣果UP確実】力糸はキス釣りの必須アイテム!~ちょい投げでもフルキャスト~

ちょい投げでも遠投する方法を知りたい!

キスをもっとたくさん釣りたい!

力糸ってなに?

「力糸(ちからいと)」

本格的にキス釣りをされている方ならご存じかと思います。

しかし、ちょい投げでキスを狙っている人の中には、知らない人も多いはず。

実はこの「力糸」、ちょい投げキス釣りにおいても、めちゃくちゃ釣果に直結します。

今回は力糸の重要性と、使用方法までを解説していきます。

また、普通のPEラインを力糸のように使用する方法もお教えします!

この記事を読んで、ちょい投げの釣果もグングンアップさせちゃいましょう(^^)

力糸とは

テーパー(先細り)状になっている糸のことで、太い糸から少しずつに細くなっていきます。

この糸をラインの先端に結び付けることにより、太い糸が最先端となり、フルキャストでのライン切れをふせぎます。

筆者は上記の力糸を使って、ちょい投げでの釣果をUPさせています!

力糸の結び方

道糸と力糸を結ぶ結束方法は、電車結びでOKです!

電車結びの方法はコチラ↓

ちょい投げキス釣りでの力糸の必要性

キス釣りでは、仕掛けをどこまで投げられるかで、釣果も大きく左右されます。

キス釣りでの遠投のメリット

・遠くから近場まで、広範囲で探ることができる!

・群れを見つける確率があがる!

・深場にいることの多い冬でも釣果をあげられる!

力糸の選び方

ちょい投げのリールに0.6~1号のPEラインが巻いてある場合は、「0.8号~6号」もしくは、「1号~6号」程度の力糸を選択しましょう。

もちろんナイロンの場合はナイロンの力糸を選択してください。

道糸がPEの場合でも、ナイロンを使用してもかまいません。

その場合は、電車結びよりもFGノットなどがおすすめとなり、ひと手間かかります。

遠投もできてオススメなのは、だんぜん「PE」ですけどね(^^)

力糸を巻く際の注意点

力糸を巻き切った際に、糸の量が多すぎて、スプールからはみだしていないか注意しましょう。

糸の量が多くはみだしていると、ライントラブルの原因となります。

多い場合は道糸をすこし短くし、力糸をまきましょう。

ただのPEラインを応用する方法

力糸を買うのはちょっとまだ、、、

という方にオススメな方法があります。

通常のPEラインを力糸のように先端につないで使う方法です。

PE0.8~1号の道糸が巻いてあるリールがあるとします。

その先端に、PE2号のPEラインを10メートルほど結びます。

するとどうでしょう!

飛距離は1号、キャスト時の安定感は2号という素晴らしいセッティングになります。

ぜひ、使用済みのPE2号をお持ちの方は、試してみてください!

まとめ

キス釣りのちょい投げでも、「力糸」は釣果をあげる味方となります!

道糸の先端に、「力糸」、もしくは少しふとめのPEラインを電車結びしてつなげるだけ!

たったこれだけで、フルキャスト時のライン切れの不安から解消されます!

遠くにとばして、たくさんのキスを釣っちゃいましょう(^^)/

キス釣りの釣果UPにはコチラの記事たちもオススメ!!↓

【極意】キスをちょい投げで簡単に釣る方法を徹底解説!

【ちょい投げ】冬のキスを釣るために必要なこと~越冬キスに粘り勝とう~|

【釣果UP】キス釣りのちょい投げはショアジギロッドが最強!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^)/